部門のご案内 : 放射線科

当院の放射線科

放射線科では男性技師3名・女性技師1名 計4名の放射線技師で日々業務をおこなっております。私たち放射線技師は来院される患者様に信頼されるべく質の高い画像情報を提供できるよう技術向上に努め、院外への研修も積極的に参加しております。

一般撮影装置

一般撮影装置

肺の病気や骨折、骨の病気に有用な検査で、四肢の骨折や腰骨など椎体の骨折が良く分かります。
現在では撮影した画像をデジタル処理により、高精細な画像が得られます。

X線透視撮影装置

X線透視撮影装置

バリウムなどの造影剤を使用し、見えづらい体内の臓器の形態、機能などをリアルタイムの映像として観察する事ができます。

CTスキャン撮影 マルチスライスCT

CTスキャン撮影 マルチスライスCT

1回の走査で複数の断層画像を撮影できるため、短時間で鮮明な画像が得られ、脳疾患、肺疾患、整形分野の検査などに幅広く活用されています。

マンモグラフィ装置

マンモグラフィ装置

フラットパネルを使用し、微小石灰化を発見できます。

※1…フラットパネル・ディテクタ(FPD)とは、X線検出器を縦横に平面的に並べたもので、それまでのフィルムやCR(デジタル)は一度画像をアナログ信号として取り込む媒体がありましたがGPDは直接デジタル信号をX線検出器で情報として取り込むことができるので、高画質しかも低線量(被爆軽減)となります。