診療科・部門のご案内

診療科のご案内

整形外科

  • 全身の骨・筋肉・靭帯・神経損傷を伴う疾患を扱います。疾患としては、外傷や骨折をはじめ変形性関節症、腫瘍などの治療を行っています。

外科

  • 外科・・・主に腹部・消化器系を扱う外科学の分野として、鼠径ヘルニア・虫垂炎・胆石症といった良性疾患から食道・胃・大腸といった消化管および肝胆膵3領域の悪性腫瘍まで消化器全ての診療を行っています。

内科・消化器内科・循環器内科

  • 内科・・・一般内科でまず疾患を診断し、専門科へ振り分けを致します。高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の治療も行います。
  • 消化器内科・・・食道、胃、腸、肝臓、膵臓など消化器系疾患を内科的に治療する診療科です。特にピロリ菌が関与するとがんの発生母地となるので精力的に精査、治療を行っています。
  • 循環器内科・・・生活習慣病及び不整脈、狭心症、心臓弁膜症など心臓疾患を治療する診療科です。

リハビリテーション

  • 骨折等の整形疾患や脳血管障害で後遺症が残った患者様に対して、より快適な日常生活を送るために治療を行う診療科です。
    身体能力を向上させるトレーニングや、機器を用いた物理療法、マッサージを患者様一人一人の状態に合わせて計画・実施していきます。

専門外来

  • 軟部腫瘍(骨肉腫)外来…骨や軟部から発生する悪性腫瘍は肉腫と呼ばれ、内臓などから発生する悪性腫瘍である上皮性腫瘍(より狭い意味で「がん」と呼ばれます)とは区別されています。肉腫は腕や足の他、胸部や腹部などの骨軟部組織から発生することが多いのですが、がんに比べて発生頻度が低いため、非専門施設では診断に時間を要すことも多く、適切な治療方針も広く知れわたっていないのが現状です。また、内臓のがんと比べ、肉腫は骨・筋肉・神経・血管・脂肪などさまざまな組織から発生するためにその種類が多く、顕微鏡による診断名の確定(病理診断)にも専門的な知識が必要となります。
  • 大腸・肛門科・・・大腸疾患(大腸癌、大腸ポリープ、大腸炎、大腸憩室症、肛門狭窄など)及び疣痔、裂孔、痔瘻などの痔疾、肛門掻痒症、アポクリン汗腺炎、便失禁、肛門疾患全体を診ます。
  • 乳腺外科…乳房内に病気があるかどうかを判断する診療科です。
  • 呼吸器内科…睡眠時無呼吸症候群やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)・喘息・禁煙外来・呼吸器感染症などを治療する診療科です。
  • 血管外科・・・血管外科では心臓と頭部を除いた全身の血管疾患、すなわち大動脈瘤、内臓動脈疾患、下肢の閉塞性動脈硬化症、静脈瘤、リンパ浮腫等を診療しています。